このサイトについて

2020年6月12日

 このサイトではアナロジーを使ったデザイン「アナロジカルデザイン」を行ううえで必要な情報を発信しています。アナロジカルデザインはビジネスイノベーションを起こし、新しいソーシャルサービスを切り開く力を持っています。もちろん、身近な製品や個人の営みを素敵なものに変えていくことにも有効です。
 アナロジー(類推)を使った思考法は古代からあったと言われていますが、1980年代から理論的に整備されました。日本でアナロジー思考を広く一般向けに紹介したのは 細谷 功氏 です。私のアナロジー思考に関する知識の多くは細谷氏の著作に拠っています。改めて感謝いたします。なお、本サイトの思慮不足などはすべて管理人に帰するものです。
  「アナロジカルデザイン」 は完成された体系ではありません。皆さんとの議論を通じ、様々な知見を集約していきたいと考えています。是非、記事に感想やご意見をお寄せください。

管理人PROFILE

 外資系コンサルティングファームでビジネスデザインなどを経験した後、事業会社で人材戦略を担当。その後、政府系機関でイノベーション人材育成のフレームワーク開発やテック系の起業家支援などを行う。SF好き。中学生の時に見た映画『2001年宇宙の旅』に衝撃を受ける。「社長とデザイナーは『攻殻機動隊』を見るべきである」という考えに一票を投じている。猫派。

校正者

(準備中)

連絡先

analogical.design.lab★gmail.com

最新ブログ

スペキュラティブ・デザインとSFの問題提起

2015年に出版されたアンソニー・ダン&フィオナ・レイビーの『スペキュラティブ・ ...

カメラのデザインにおける「テクノロジー」と「意味」

 カメラのデザインを決めているのは何なのでしょう?デザインの移り変わりを見ていく ...

色の名前と抽象化

日本の伝統色「和色」  色の名前を最初に覚えたのはいつだったでしょう?子供の頃に ...

iPhoneの誕生にみるアナロジー思考

 スマートフォンは今世紀最大のイノベーションとも言われますが、それは何故でしょう ...

ラジオ-引き算のデザイン

 以前から漠然と「ラジオは無くならないのでは」と思っていました。テレビが衰退し、 ...

Posted by adesign